FC2ブログ

はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたらしく生きる100通りの方法
  できるかできないか

   ・・・ではなくて

やりたいかやりたくないのか

     ・・・で

    考えてみよう!

あなたらしく生きる できるかできないか
【2019/04/09 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
素敵なガーデンライフ
芝生の管理とリニューアル

芝生も植えて何年か経つと無くなっていたり、
枯れかけていたりと見栄えも悪くなっていませんか?
少し手を加えて庭を生まれ変わらせましょう。

■ 芝生の庭
芝生の庭は、地面の温度を下げて
土ぼこりを防ぐ効果があり、庭を広く見せてくれます。
3月から4月にかけて、芝生は緑が鮮やかになり
一段と庭が美しくなりますが、スギナやカタバミなどの
雑草も生えてくるので、芝刈りや草抜きが欠かせません。

■ 庭のDIYをしませんか?
一面芝生の庭を、ガーデンテーブルと椅子の下の
芝生だけを残し、あとは手のかからない宿根草の草花や
ワイルドストロベリーやローズマリーなどを植えておくと、
芝生の良さと花や葉、実を摘む楽しさが味わえます。

また、残した芝生を張り替える際には、
防草シートを敷いて砂を入れ、
さらに培養土を入れてから新しい芝生を張ると、
雑草に悩まされずにすみます。

■ 庭をリニューアルする楽しさ
日本庭園などの変わらない美しさを求める人もいる一方で、
その時々のライフサイクルに合わせて庭をリニューアルして
楽しんでいる人もいます。
憧れだった芝生の庭を少々持て余し気味なら、
使いやすくリニューアルしてみてはいかがでしょうか。

素敵なガーデンライフ 芝生
【2019/04/05 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カント先生に学ぶ
4月は新しい年度がスタートする時期。
入学や就職、人事異動などで、
今までとはまったく違った環境での生活が
始まる方も多いのではないでしょうか。

ご自分でなくても、ご家族の誰かに生活の変化があると、
自分の環境も変わってしまうもの。
気づかないうちに、心身にストレスを抱えがちなのが
この時期なのかもしれません。
そんな時に、役に立つ考え方をご紹介します。

皆さまは、哲学者のカントをご存知ですか?
1724年、東プロイセンの首都ケーニヒスベルク
(現在のロシア領カリーニングラード)に
馬具職人の四男として生まれたエマニュエル・カント。
ケーニヒスベルク大学の哲学教授だったカントは、
生涯のほとんどをこの地で過ごしました。

教授になるまでの道のりは決して平坦なものではなく、
在学中の父親の死に伴い、金銭的な事情で
大学を去った後、論文を提出して卒業し、
その後7年にわたって家庭教師をしながら
生計を立て、研究を続けるというものでした。

1784年、カントが60歳の年に発表した論文、
「世界市民という視点からみた普遍史の理念」。
難しそうなタイトルですが、この論文の中には、
人生に役に立つ考え方がいっぱい詰まっているのです。
論文の中で、カントはこう伝えています。

‟もともと未熟な状態で生まれてきた人間は、
内的な思考を完璧にすることで、

最も幸福な状態へと高められていく。
成長過程において必要なのは、
労苦を要する様々な事柄と、
それを自らの力で乗り越えて、理性を育てること。
自分の思いのままにならないような、
他人からの抵抗こそが、
人間に備わる全ての力を覚醒させる。
他者から感じる、協調性のなさ、ねたみや嫉妬心、
所有欲や支配欲に、理性的に抵抗すること。
「理性的に抵抗する」というのは、自分に規律を課し、
そこで何かの「技」を獲得するということ。
その技を通じて、人間のうちに秘められた才能が開花し、
発展していく。”

思いのままにならないような状況の時、
それに抵抗し、改善する方法を考え出すことで、
何らかの技が身についていく。
これを繰り返すことで、その人自身が完成に近づき、
より幸福になっていく、とカントは伝えています。

困難によって、自分が磨かれ、才能が伸びていく。
人間が幸福に近づくために、
自然は困難を用意してくれている。

自分も様々な困難を経験したカントだからこそ、
こうした考え方に至ったのかもしれませんね。

このカントの考え方を身につけると、
今までより、ずっと強くなっている自分に気づきます。
勇気を持って、新しい世界に向かってくださいね。

カント先生に学ぶ
ドイツの哲学者 イマヌエル・カント


【2019/04/02 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちょっと素敵なインテリア
素敵に目隠し

キッチンやリビングの棚に
ちょっとした目隠しがあると、
中のごちゃごちゃした物が隠れて、
お部屋がとてもすっきりして見えます。
素敵に目隠ししてみましょう。

■ カラーボックスを目隠し
3段のカラーボックスは収納しやすく便利。
布の片側の端を、突っ張り棒が入る大きさに
縫って輪にし、そこへ突っ張り棒を通して
カラーボックスの一番上に取りつけます。
お部屋の雰囲気にあった柄を選ぶと素敵です。
カラーボックスを横にする場合は、
突っ張り棒にカフェカーテンを通すと
フェミニンな雰囲気になります。

■ 食器棚を目隠し
重ねたお茶碗などが見えて
ごちゃごちゃしがちな食器棚も、
素敵に目隠ししてみましょう。
布を扉のガラス部分より
ひとまわり大きいサイズに切ります。
四隅を扉の裏側から押しピンでとめます。
表から見ると、ガラス越しに布が見えて、
中のごちゃごちゃした食器がきれいに隠れます。
全面布で隠してしまうと暗い感じになる場合は、
中央を紐などで結んでみましょう。
中の食器も少し見えて、
中央にギャザーがよるので可愛くなりますよ。

■ のれんが便利
上から下まで隠したい場合は、
布ののれんを掛けてみましょう。
突っ張り棒で簡単に掛けられます。
季節によって柄を変えても素敵ですね。
キラキラと光る紐のれんは洗練された雰囲気に、
夏はすだれも涼しそうです。

素敵なインテリア 素敵に目隠し

【2019/03/29 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
趣味を始めよう!
伝統食品を探求!

「 本場の本物 」 を お取り寄せ

日本各地で、風土や独自の技術を活かした
様々な魅力を持った伝統食品が作られていますが、
中小零細規模の業者が多く、
積極的な販路拡大には乗り出せない
悩みを抱えていました。
こうした食品を「本場の本物」という
共通のブランドでまとめ、
作り手の思いや食品の価値を伝えながら、
国内外に広げようという取り組みが
2005年度に始まっているのをご存知でしょうか?
 
仕組みは、生産団体や製造企業が
製法・原材料・産地の範囲など食品の基準を
自ら決めて、
運営団体である「一般社団法人本場の本物ブランド
推進機構」に申請します。
審査の結果、合格した品は基準と共に公表されます。
認定商品には「本場の本物」というマークを
付けることができ、これはいわば
選ばれた食品だけがつけられる勲章とも言えるのです。
 「本場の本物」公式サイトでは、
40点以上の品目が紹介されています。
気になる項目をクリックすれば、詳しい商品情報、
そして業者も明記してあるのでお取り寄せが可能です。
日本各地の魅力溢れる伝統食品を
味わってみるのも楽しいのではないでしょうか?

趣味を始めよう 本場の本物

【2019/03/26 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ