FC2ブログ

はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

日本式生活のすすめ
初夏の青空に映える緑が美しい今日この頃、
皆さまもお元気でお過ごしですか?

今年の年初から、全世界に吹き荒れた
コロナウィルスの嵐は、
またたく間に地球全体を覆ってしまった感が
ありました。
相手が目に見えないウィルスだけに、
誰もが不安な毎日を過ごす日々なのでは
と思います。

各国に甚大な被害が及ぶ中、
日本の感染者数の増加が
他国に比べて低かったのが印象的でした。
その原因について、様々な説がありましたが、
「日本の生活習慣が
欧米と異なっているからではないか?」
という説があり、もっともだと思いましたので、
ご紹介いたします。

コロナウィルスは主に、
感染者のせきやくしゃみで飛び散ったウィルスを
他人が吸い込むことで起こる「飛沫感染」と、
感染者が触った物を他人が触ることで感染する
「接触感染」によって拡散するといわれています。

物の表面についたコロナウィルスの生存期間を調べた
香港大学のレオ・プーン教授のチームによると、
感染力を持ったウィルスが検出されなくなった時間は、
紙類やティッシュペーパーは3時間、
加工木材と布地では2日、ガラスや紙幣では4日、
ステンレスとプラスチックは7日と、長時間にわたります。
医療用マスクの外側表面からは、
7日以上経っても感染可能なウイルスが
検出されのだそうです。

コロナウィルスが長時間、
物の表面に残留しているのであれば、
欧米の感染者数が爆発的に増え、
日本はそれに比べて少ないこともうなずけます。

欧米の生活習慣(ウィルスが広がりやすい)
・挨拶として日常的にハグやキスをする
・夜は入浴せず、朝シャワーを浴びる人が多い
・食事の際、パンなど手を使って食べる機会が多い
・食前の手洗いやおしぼりの習慣があまりない
・靴で室内に入る

日本の生活習慣(ウィルスが広がりにくい)
・挨拶としてのハグやキスの習慣がない
・毎日、夜に入浴する人が多い
・食事の際、箸を多く使い、手はあまり使わない
・食前の手洗い、おしぼりの習慣がある
・靴で室内に入らない

高温多湿の環境だからこそ発達した、
日本の生活習慣ですが、
この日本の生活習慣を意識して実行することが、
今後もウィルス性の病気の感染を抑えることに
つながるのではと思うのです。

また、マスクや咳エチケット、
帰宅時の手洗いとうがい、
除菌に気を配る(ドアノブなど手が触れる場所、
バッグの中身、スーパーで買ってきたものなど)ことを
心がけることで効果はさらに増し、
自分や家族、他の人々を守ることにもつながります。

日本では、インフルエンザで
毎年約3000人が亡くなっていますが、
2020年の1~3月は
過去5年間でインフルエンザの患者数が最も少なく、
コロナウィルスの対策がインフルエンザにも
有効だったことを示しています。

ニュースで感染症が報道されなくなっても
安心することなく、
一人一人が意識して心がけたい生活習慣です。
【2020/06/02 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アイデアノート
ストレッチで筋肉を柔らかくしよう!

運動習慣はありますか?
適度な運動をしていないと
体はどんどん硬くなっていきます。
寒くも暑くもない体を動かすのに快適なこの季節、
筋肉を柔らかくするストレッチの習慣を
身につけましょう!

●ストレッチの効果
専門家によると、ストレッチは昔から準備運動や
けがの後のリハビリテーションで
活用されてきましたが、
最近では血圧を下げる効果があることが
分かってきたそうです。
副交感神経が優位になることが要因の一つと
考えられています。
体と血管のそれぞれの硬さの関係を調べたところ、
中高年では相関が見られ体が硬いと
血管も固いことが判明しました。
人は老化とともに、体内の弾性に関わる
たんぱく質の性質が変わり、
しなやかさを失っていきます。
ストレッチはゆっくり歩くくらいの運動強度で
すぐにできますので、
筋力トレーニングと組み合わせることでより
体の変化を実感できるでしょう。
 
●1日1ミリずつ伸ばすつもりで!
ストレッチは少しずつでもよいから
毎日続けることが重要ですが、
ポイントとしては「痛い」と「気持ちいい」の間くらいで
するということ。
テレビを観ながら、椅子に座りながらなど
「ながら」でもかまいません。
例えば「朝のNHK連ドラの時間はストレッチをやる!」と
決めてしまうと習慣づくかもしれません。
必ず効果が出ると信じて、自分の体の変化を観察、
そしてその様子を楽しむ気持ちが大切です。

アイデアノート ストレッチで筋肉を1

●意識することと呼吸すること
さらにストレッチを効果的に行うには、
どこの筋肉を伸ばしているかを
しっかり意識していきましょう。
呼吸をゆっくり深くすることも大切なポイントです。

アイデアノート ストレッチで筋肉を2


【2020/05/29 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ビューティーサロン
たまご肌を叶える理容室のシェービング

みなさんは、顔の産毛処理をしていますか?
産毛があると、顔色がくすんで見えたり、
メイクのノリもいまいちだったりと、
美肌とは遠ざかってしまいますよね。
逆にきちんと顔そりをした肌は、
まるで「むきたまご」のようなツヤ肌です。

理容室に通う女性が急増中
たまご肌になりたい!と、
自己流での顔そりされていませんか?
しかし、「鏡を見ると剃り残しがあった」
「きちんと剃れているのかわからない」など、
満足感に欠けてしまうことも……。
そんな女性たちの間で今話題となっているのが、
「理容室でのレディースシェービング」です。
理容室では、プロの理容師による
本格的なシェービングが体験できるので、
自己流では叶わないようなツルツル・むきたまご
のような肌が手に入るのです。

注意点をチェック
・通う頻度は?
理容室でシェービングをすると、
多くの方は肌ざわりやメイクのノリの良さに
感動することでしょう。
だからこそ「毎週でも通いたい!」と思いますよね。
しかし頻繁に通うと、
肌を痛めてしまう原因となります。
産毛が生えそろうのは約28日といわれているので、
1か月に1度を目安に通うと良いでしょう。

・イベント前日はNG?
同窓会やお呼ばれなど、大事なイベントの日には
シェービングしたての肌で臨みたいもの。
そうすると、イベント前日に
理容室に行きたくなりますよね。
しかし、剃った直後の肌は
とても敏感な状態となっています。
イベントの3~5日前に
理容室でシェービングをしてもらうと、
ベストな状態で臨めますよ。

ビューティーサロン たまご肌

【2020/05/26 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家づくり相談室
家づくり相談室 文字

Q.

  注文住宅を計画中です。
  見積をとったところかなりの予算オーバー。
  どうしたらよいでしょう?

A.
ああしたいこうしたいと希望を並べているうちに
見積もりが予算オーバーするということは
家づくりにおいてよくあることです。
これからがプランニングの本番!。
粘り強く検討していきましょう。
 
予算オーバーを調整するためには
「変更する」「減らす」「後からつくる」の3つが
必要かと思います。
その際、大きい変更で多額のコストダウンをはかるか、
細かいコストダウンをいくつも重ねる方法が考えられます。
基本的にはシンプル(単純化)すればするほど
コストをカットできるはずです。
但し、基礎や構造に関わる部分は、
建物の寿命に関わることなので
コストを削るのは避けたほうがよいでしょう。

【2020/05/22 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
子育てファイル
汗ばむ季節のお肌ケア

だんだん気温が高くなり、汗ばむ季節になってきました。
それでなくても赤ちゃんは汗っかき。
皮膚のトラブルが心配です。
夏に出やすい皮膚トラブルと対処法を知っておきましょう。
 
まずはあせも。首回りや髪の生え際、
手首の溝など汗の溜まりやすい所に
赤く細かいブツブツが広がります。
汗をこまめに拭く必要がありますが、
ぬれタオルで軽く押さえるようにするとよいでしょう。
化膿して赤く腫れてきたら受診します。
 
うんちやおしっこが刺激となり
炎症を起こすおむつかぶれは、
汚れたおむつが長い時間肌に触れていないよう
取り換えをこまめにします。
肌が汚れたらお湯や石鹸でやさしく洗います。

子育てファイル 汗ばむ季節のお肌ケア1
 
汗やよだれ、ミルクやおっぱい、
離乳食や肌の乾燥が原因でかぶれた状態なのが
乳児湿疹と呼ばれるもの。
授乳前や離乳食前にワセリンなど保湿剤で
口の周りを保護し、
汚れたら優しく拭いて再度保湿剤を塗ります。
赤くなるようだったら受診しましょう。
 
肌から分泌される脂などが原因で、
頭皮や眉毛などにかさぶた状の湿疹ができたら
それは脂漏性湿疹と呼ばれるものでしょう。
入浴前にオイルを塗ってふやかし、
その後シャンプーや石鹸を使って
指の腹でしっかりと洗ってから保湿剤を塗ります。
 
いずれもポイントは「清潔にする」「保湿する」
「炎症があれば受診する」、これら3つを心がけましょう。

子育てファイル 汗ばむ季節のお肌ケア2

【2020/05/19 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ