FC2ブログ

はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

子育てQ&A
引っ込み思案・恥ずかしがり屋

Q.

うちの子はとても引っ込み思案で 恥ずかしがり屋です。
このままで大丈夫なのか?と、 とても心配なのですが…

A.
子どもが積極性に欠けると、
親はとてももどかしい気持ちになってしまいます。
心理学のある研究では、
「新しい環境に入っていけるかどうか?」
「そこにすばやく慣れることができるのか?」
「環境の変化への順応が早いか?」などは、
生まれつきの要素が強いと言われています。
つまりその子が引っ込み思案かどうかは
ある程度生まれた時に決まっているというのです。
だったらどうしようもないのか…と嘆く必要はありません。
引っ込み思案や恥ずかしがり屋 克服には
コツがあるのでご紹介しましょう。
 
ひとつは「強みを強化する」こと。
その子が得意とするもの、好きな事、
没頭できるもので自信をアップさせて、
そこを踏み台にして小さな世界から大きな世界へと
徐々に広げて行くのです。
積極的に行けずにもじもじしている子に
「ほら!行きなさい!」「大丈夫だからやってごらん!」
などと むやみに子どもの背中を押してはいけません。
背中を押すのは子どもの心の準備が
整ってからにしてあげるべきです。
 
ふたつめは「慣れること」。
繰り返し同じことを行うことで、「私にもできる!」
という気持ちができてきます。
例えば発表会(みんなの前で話す・歌う・踊るなど)、
恥ずかしがり屋の子にとっては大変なことです。
そういう時は人一倍練習して、
セリフや歌に対する「慣れ」を確かなものにしておきましょう。
それが自信につながり、本番で落ち着いて
対処できる可能性が高まります。
そしてその経験がさらに確かな自信となっていくのです。

子育てQA 引っ込み思案


【2020/03/31 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<素適なガーデンライフ | ホーム | 家づくり相談室>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fujisanpo.blog86.fc2.com/tb.php/772-c75c7daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |