FC2ブログ

はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

素敵なガーデンライフ
梅雨の草花の病気対策

長く続く梅雨。きちんと対策をたてないと、
梅雨の時期にも病害虫が発生します。
今回は草花の病気と対策をご紹介します。

■ 梅雨時のお手入れ

花の咲いた後の
花がら摘みをマメにしておかないと、
高温多湿の梅雨に入ってから
病害虫が発生しやすくなります。
また、雨が続くと枝葉についた
泥ハネが病気の原因になることもあるので、
密集した部分は間引いて
風通しを良くしておきましょう。

■ 梅雨時は草花のこんな症状にご注意

・葉の表面が白い粉をふいたような状態になるのは、
 うどんこ病の可能性があります。
・灰色のカビが生えてくるのは、ボトリチス病です。
・葉や茎に、茶色や黒色の斑点ができるのは黒斑病です。
・茎や葉や花に黒色や褐色の小さい斑点ができ、
 次第に拡大してやがて穴があき、
 実ものの場合は落ちてしまいます。
 この症状は、炭素病の可能性があります。
・茎に白い菌糸が網状に広がり、植物は立ち枯れ
 状態になるのが白絹病です。

以上のような病気に効果があるのは、
ダコニールやベンレートなどの殺菌剤です。

鉢植えの場合は、この時期いつも通りに
水やりしていると根腐れを起こすことがあります。
長雨が続くときは軒先に移動させるなどして、
鉢内が水浸しにならないようにしましょう。

素敵なガーデンライフ 梅雨の草花の病気対策



【2019/06/07 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<あなたらしく生きる100通りの方法 | ホーム | 子どもの力を伸ばすには>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fujisanpo.blog86.fc2.com/tb.php/689-5fb50b16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |