FC2ブログ

はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

海の底には何がある
あたたかな日々が続くようになり、
自然の色もいきいきと輝きを増している今日この頃。
皆さまもお元気で春をお過ごしでしょうか。

ふと気がつくと、空や山、海の色が優しい色に
変わっています。
これから夏に向かっていくときめきを感じます。

海というと、きらきら光る波の風景が思い浮かびますが、
その下に広がる海の中の世界のことは、
なかなか普段考えることがありません。

ここ数年、日本の海底資源のニュースを耳にすることが
多くありませんか?

昨年にも、小笠原諸島の南鳥島沖の海底に存在する、
レアメタルを大量に含んだ岩石層が発見され、
大きな話題となりました。

レアメタルとは、ニッケルやコバルトなど、
工業的需要は多いのに、産出量が少ない鉱物のこと。

その他、地球上にわずかしか存在しない希土類元素の
レアアース、石油や天然ガス、メタンハイドレートなどの
海底資源も、日本の排他的経済水域に豊富に存在している
ことがわかっているのだそう。

排他的経済水域とは、海洋に面した国の海岸線から
200海里(370.4km)の範囲内の海洋のこと。
この中では、その国は自由に水産資源や鉱物資源を
採取することができます。

わたしたちは、普段目に見えているところだけが
「世界」だと思いがちですが、海底や地中には、
目に見えるより、もっと広い世界が広がっています。

世界地図や地球儀で見ると、日本は小さな国のように
思えますが、実はこの排他的経済水域や領海などは、
領土の11倍以上の大きさがあります。
この、海の中の土地も含めると、
日本はなんと世界第6位の大きさの国なのだそう!

そう考えると、まだまだはかり知れないほどの可能性が、
海の底には眠っているのだと実感できます。

そして、資源だけでなく、海の底には生命の起源を解く鍵も
あると言われています。

マグマ活動のある海底の地中には、数百度に熱せられた
海水が勢いよく噴き出ている「チムニー(煙突)」と呼ばれる
噴出孔があります。
そこは有用金属の鉱床であるとともに、
原始の生命誕生の場所ではという説があり、
近年研究が進められています。

普段は目に見えない、海の中の世界。
科学の進歩により、豊かな資源と可能性を秘めていることが
わかってきました。

サン・テグジュペリの『星の王子さま』には、
「砂漠が美しいのは、どこかに井戸を隠しているから」
という言葉があります。

見えていないところに宿している、秘密や魅力。
そんなところに、自然や人間の美しさの源泉があるのでは
と思っています。

海の底には何がある

【2017/03/28 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<お薦めホームページ | ホーム | 家づくりワンポイント>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fujisanpo.blog86.fc2.com/tb.php/459-feb9d33f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |