FC2ブログ

はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

台南のユートピア
まだまだ厳しい寒さの続く今日この頃、
皆さまもお元気でいらっしゃいますか?

寒い日々が続くと、暖かいところに行きたい気分に
なってきますね。
皆さまは台湾にいらっしゃったことはありますか?

一年を通じて温暖な気候の台湾では、
2月でも日本の春のように過ごしやすい気候なのだそう。
最新の高層ビルと歴史的な建築が立ち並ぶ台北や、
オランダ統治時代の名残りを残す台南、温泉も各地にあり、
日本からの人気の観光地となっています。

また、台湾は親日国としても知られています。
東日本大震災の際には、200億円を超える巨額の義援金を
送ってくださったのは記憶に新しいことです。

皆さんは、台湾が昔、日本だったことをご存じですか?
1895年から1945年までの50年間、
台湾は日本の統治下に置かれ、九州や沖縄のような
日本の一地方として扱われていました。

日本よりも早い上下水道の整備、当時東洋一の規模を誇った
烏山頭ダムの建設、鉄道や道の整備など、
日本は台湾で最新の技術を惜しみなく発揮しました。
教育の面でも、学校を各地に設け、
日本語の授業を徹底させたため、
今でもご高齢の方には日本語が流暢に話せる方が
多いのだそう。

日本の統治がもたらしたインフラや教育の豊かさ、
また当時の日本人との良好な関係から、台湾では今でも、
日本を大切に思ってくださっている方が多いのだそうです。

台南市の最大の観光名所のひとつに
奇美(チーメイ)博物館があります。
実業家の許文龍(きょ ぶんりゅう)氏の個人コレクションをもとに
設立されました。

広大な敷地に建つ白亜の館内には、13世紀から20世紀の絵画、
古代ローマ時代からの彫刻、世界の動物の剥製や化石、
ストラディバリウスなどの銘器を含む楽器コレクション、
世界の古代兵器などが展示され、
多くの観覧者で賑わっています。

1928年生まれの許文龍氏は、
台湾有数の企業グループ、奇美実業の創設者であり、
ヴァイオリニスト、美術収集家としても知られています。

少年の頃、担任の日本人教師から紹介された
ミレーの「晩鐘」に感動したことや、
日本がつくって無料で見ることのできた台南州立教育博物館に、
放課後いつも通っていた経験が、
奇美博物館の設立につながっているのだそう。

親日家で知られる許氏は、台湾に貢献した日本人の
胸像をつくり、ゆかりの地などに寄付をするという活動も
行われています。

台湾を理想的な場所にしようと力を尽くした
当時の日本の人々と、
それを受け止めて日本を大切に思ってくださっている
台湾の人々との心のつながりは、
今でも時を越え、美しい結晶が生まれています。

台南のユートピア、奇美博物館。
台湾観光の際にはぜひ訪れてみてださいね。

12.jpeg

奇美博物館ホームページ(日本語)
http://www.chimeimuseum.org/ml/日本語/4
【2017/02/06 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ちょっと素敵なインテリア | ホーム | 素敵なガーデンライフ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fujisanpo.blog86.fc2.com/tb.php/446-5ba3be1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |