FC2ブログ

はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

趣味を仕事に
そろそろ初夏の日射しが感じられる、美しい季節になりましたね。
皆さまもお元気でいらっしゃいますか?

先日、プラネタリウム製作者の大平貴之さんが
テレビで紹介されていました。
小学校の頃からプラネタリウム作りを始めた大平さん。
大学時代に、アマチュアでは例のないレンズ投影式
プラネタリウムの開発に成功します。

大学を卒業して就職してからも、仕事の後に個人で制作を続け、
ついには投影可能な恒星の数が世界一多いプラネタリウムを
作り上げました。

「世界で最も先進的なプラネタリウム投影機」として、
ギネスブックにも認定されているのだそう。
会社を退職し、自身の会社を設立された大平さんは、
精力的に新しい試みに取り組まれ、世界中でたくさんの人を
楽しませるプラネタリウムを生み出し続けています。

趣味を仕事にしたい、と考える方からすると、
こういった大平さんの歩みは憧れなのではないでしょうか。

もちろん、趣味で制作した作品を販売したり、自分の特技を
生かして収入を得ることは、自分の生活を支えるだけの額が
なくても、「生きがい」としての仕事と考えることができます。

でも、趣味を、生活していけるだけの収入を得ることができる
「仕事」にするには、どうしたらいいのでしょうか?

実は、「趣味を仕事に」された方に、なぜそれを仕事にされたのか
をお伺いした時、最も多く返ってくる答えが、「それで生活
できたから」でした。

「生活できる」というのは、自分の衣食住を成り立たせることの
できる収入が得られるということ。

お金は、人が欲しいと思うものを手に入れる時に
相手に渡すもの。「ありがとう」という感謝の気持ちが
形になったものです。

「仕」える「事」と書く、仕事。
「傍(他人)」を「楽」にという意味の、働く。
どちらも自分のためではなく、他人のため。

自分の趣味が、自分の衣食住を成り立たせていけるほど
他の人から感謝されるものだということが、
「趣味を仕事に」できる必要条件だと思うのです。
趣味を仕事にしたいと考えていらっしゃる方は、それがどれほど
人から感謝され、収入を得られるかどうか、ぜひ色々な場所で
発表してみてください。

大平貴之さんの信条は、
「人間は可能は証明できるが不可能は証明できない」。

可能性はどこにでもあって、奇跡は毎日起きているのです。

「仕事を趣味に」と考えていらっしゃる方は、
まず一歩前へ踏み出してみてはいかがでしょうか。

趣味を仕事に

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

【2013/05/30 11:03】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<趣味を始めよう! | ホーム | 家づくり相談室>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fujisanpo.blog86.fc2.com/tb.php/152-7c60b4f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |