はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スクスクキッズ
生き物と暮らす

子供のころ、誰でも一度は動物を飼ったり、
飼いたいとお願いしたことがあるのでは?
 生き物と暮らすことは子供にとって
どんな影響があるのでしょうか。

■生き物と暮らすことの影響は?
犬や猫はもちろん、小鳥やハムスターなど、
小さな生き物たちは可愛らしく、
見ているだけで優しい気持ちになります。
そして私達が愛情を持ってお世話すると、
生き物たちも愛情を返してくれるようになります。
そうするうちに、子供の情緒が豊かになり、
社会的なスキルも向上するといわれています。

■生き物との生活で得られる大切なこと
ぬいぐるみと違い、生き物は世話をしなければ
死んでしまいます。毎日の餌やりはもちろん、
糞尿の始末や温度管理なども必要です。
種類によっては、遊んであげたり散歩させたり
といった時間も取られます。
生き物との暮らしの中で、
子供は何かのお世話をするという責任感や、
他人を気遣う気持ち、
他人の立場になって考えることを学びます。
また生き物の寿命は子供の命より短い場合が多く、
大切なものの死に直面することで、
命の大切さを実感することができます。
そして同時に、生き物は子供にとって
癒しや心の支えになります。

生き物と暮らす


【2023/05/30 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ