はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アイデアノート
日々のストレス、涙で解消!

思いっきり泣いたらなんだかスッキリした・・・
そう感じたことがある人は多いのではないでしょうか?
実は涙がストレスを軽くするということは
科学的な裏付けもあるそうです。ストレス解消のために、
あえて涙を流す時間を作ってみてはいかがでしょうか?

泣くとなぜスッキリするのか?
 
最近では心の安定を図るために積極的に涙を流すことを
取り入れている会社や学校もあるそうです。
例えば現役最後の日を迎えた駅長に駅員たちが
サプライズで感謝の言葉を贈る場面、
病院から退院した母と長い間寂しい留守番に耐えた
子どもの再会のシーンなど、
数分の短い映像を見て泣くというものです。
無理やり泣くというのはわざとらしく感じて
しらけてしまうかと思いきや、ストレスをなくすための
前向きな行動と捉えると、案外没頭できるものです。
 
ただし、涙ならなんでもよいというわけではありません。
感動、共感で流れる涙というのが
脳の働きと連動している重要なポイントなのです。
心の琴線に触れて感動したり共感したりすると、
まず大脳の前頭前野が強く興奮します。
ここから信号が送られ、ストレスホルモンである
コルチゾールの分泌が抑えられます。
さらに自律神経を活動的な時に動く交感神経から、
リラックスしている時や寝ているときの
副交感神経に切り替えます。
こうした一連の仕組みによって、涙が流れるのです。
前頭前野からの信号は脳全体に発せられ、
泣き顔になったり肩を震わせたりして、全身にも働きます。
それまでのストレスでいっぱいだった脳の状態が
スッキリとリセットされるのです。

涙で解消1

泣く時間を作る!
 
例えば、週末の夜。
泣ける映画や音楽、小説を用意します。
スマホは鳴らないようにして、部屋を暗くする、
アロマを焚くなどリラックスできる状況を作り、
心おきなく涙を流す時間を
つくってみてはいかがでしょう?
スッキリしたら、週明けからまた頑張ろう!
という気分になれるかもしれません。

涙で解消2


【2022/07/29 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ