FC2ブログ

はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アイデアノート
白さを保つ洗濯法とは?

白いシャツ、白いスカート、白いワンピースなどは、
夏に大活躍したアイテムではないでしょうか?
来夏取り出したら黄ばんでいた!・・・
なんていうことがないように、
白さを保つための洗濯のコツをご紹介しましょう。

●一回着たら必ず洗う!
たくさん汗をかいていないから、まだ大丈夫かな・・・
とは思わず、一度身につけたものは
必ず洗うことを原則としましょう。
 
洗剤は粉末洗剤がおすすめです。
必ず表示してある適量を守りましょう。
汗ジミなどが気になる場合は漂白剤も適量入れます。
35度くらいのお湯が効果的ですが、
お風呂のお湯利用は避けましょう。
雑菌が多いので逆効果になる可能性があります。

シミは長時間放置するとその分取りにくくなるので、
なるべく早く対処し、すぐに洗濯をするのがポイントです。
最後のすすぎはたっぷりの水で念入りにしましょう。
実は日に当てすぎるのも変色の一因になりますので、
干し方にも注意が必要です。

アイデアノート 白さを保つ洗濯法とは 1

●重曹+中性洗剤+酸素系漂白剤
食べ物のシミ(醤油、ケチャップ、カレー、お茶など)や
血液、汗ジミを落とすなら、
重曹小さじ1、酸素系漂白剤(液体)小さじ3、
食器用中性洗剤(除菌タイプはNG)3滴の
組み合わせがおすすめです。
(この割合が有効なので、分量を守ってください)
 
これらの材料を歯ブラシで軽く4~5回混ぜます。
シミのついた布の裏側にタオルを当てた状態で、
シミの上から軽く押し付けるようにたたき込みます。
繊維を傷めるので、こすってはいけません。
タオルをずらしながら、タオルに色移りしなくなるまで
繰り返します。シミが落ちたら水で揺らすようにしてすすぎ、
後は普通に洗濯します。
この材料は、時間が経つと効果が薄れてしまうので、
必ず3時間以内に使い切りましょう。

アイデアノート 白さを保つ洗濯法とは 2

【2018/09/25 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ