FC2ブログ

はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

私の中の太陽
秋の気配を感じるにつれ、
どんどん日照時間が短くなっていくのは、
なんとなく寂しい気持ちになりますね。
人間にとって、
お日様は「元気の素」なのだと実感します。

実は、わたし達の体の中にも、
太陽があるのをご存知ですか?

それは、太陽神経叢(たいようしんけいそう)。
みぞおちの奥、横隔膜の下にある、
たくさんの神経の集合体のことです。
四方八方に神経が伸び、
臓器をつないでいる様子がまるで
太陽のように見えるので、
こう呼ばれているのだそう。

みぞおちは、おへその上の、
肋骨が八の字に分かれていく中央の、
お腹の柔らかい場所。
胃や肝臓などの重要な臓器があり、
人体の要(かなめ)とも言える場所です。

ヨガやアーユルヴェーダでも、
この場所はソーラープレクサス(太陽神経叢)
チャクラと呼ばれています。
チャクラとは、人間の体に7つあると言われている、
エネルギーの通り道のこと。
第3チャクラに当たるソーラープレクサスチャクラは、
人間の自信や元気につながる場所だと
言われています。

そういえば、悲しいことや心配なことがあって、
元気が出ない時には、みぞおちのあたりが
シクシクしてきませんか?
みぞおちに力が入らなくなると、
知らず知らずのうちに背中が丸まって、
元気のない体つきになってしまいますね。

体と心は密接に影響し合っているもの、
自分の体の中にある太陽を輝かせることで
、心も前向きになっていくと思うのです。

自律神経の集合体でもある太陽神経叢は、
横隔膜のすぐ下にあるため、
深い呼吸をすることで活性化できるのだそう。

テレビでも紹介されて話題になった、
横隔膜呼吸法をご紹介します。
朝起きた時と夜眠る前に行うと良いのだそうです。

① 仰向けに寝て、膝を立てる。

② 胸に両手を当て、肺が膨らむのを意識しながら
 ゆっくりと息を吸う。

③ ゆっくりと息を吐く。(②、③を5回繰り返す)

④ 脇腹に両手を当て、お腹が膨らむのを意識しながら、
 ゆっくりと息を吸う。

⑤ ゆっくりと息を吐く。(④、⑤を5回繰り返す)

ソーラープレクサスチャクラは、
サンスクリット語ではマニプーラと呼ばれ、
これは「宝石の場所」という意味だそう。

体の中心で輝く、太陽の宝石。
元気が出ない時には、
ぜひ自分の中にも太陽があることを
思い出してくださいね。
【2017/09/26 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ