FC2ブログ

はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

がんばれ!子育てファイル!
乳幼児連れの新幹線乗車のコツ

年末年始など、子連れで新幹線を利用しての帰省を
考えている方も多いでしょう。
 
まず気になるのは授乳やオムツ交換のこと。
乗車前に一度済ませておくことが基本ですが、
新幹線の中にある多目的室も、空いていれば授乳にも
利用できます。
使いたい時には乗務員に声をかけます。
ただ、混雑時にはすぐに使えない場合があるので、
念のため授乳ケープを持って行きましょう。
オムツ交換は洋式トイレに設置されているオムツ交換台を
利用しましょう。
乳幼児連れ新幹線乗車コツ1
 
ベビーカー持参の場合は、足元のスペースが若干広い、
各車両の1番前か後ろの席がおすすめ。
自己管理になりますが、東北新幹線など一部の車両には、
デッキに荷物置き場もあります。
 
JR東海が年末年始や夏休みに販売している
子連れ専用車の「ファミリー車両」も要チェックです。
その他にも、新幹線によっては4人用の個室があったり、
子ども向けの運転台が設置されているなど、
各社工夫をしているようなので、事前に調べてみると
よいでしょう。
 
また、ぐずり対策のおもちゃなどは必ず持参します。
ただし、音の出ないミニ絵本などにしましょう。
本格的に泣きだしてしまったときは、すぐにデッキに出て
あやすなど、周囲への気配りも大切です。
乳幼児連れ新幹線乗車コツ2
 
荷物はあらかじめ帰省先やホテルに宅急便で送っておくようにし
なるべく空いている時間帯に移動するほうが親子共に楽ですね。
【2016/12/27 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ