FC2ブログ

はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

子育てQ&A
子どものゲーム中毒を防ぐ

Q.
最近子どもがスマホゲームを始めました。
ゲーム中毒にならないか心配なのですが、
親はどのように管理したらいいのでしょうか?

A.
近頃では、ゲーム機器を持っていない子のほうが
少ないのでは?と感じられるほど、
子どものゲーム保有率が高くなってきました。

まず親は、ゲームが明らかに依存しやすいものだ
ということを認識する必要があるでしょう。
つまり「この子ったらいつまでもゲームやっていて・・・」
というのは、極自然なことだとも言えるのです。
増してや小学校低学年の子どもなら、
ゲームの時間を自制するのは非常に難しいことかも
しれません。
やはり、親がリードする必要があるようです。
 
たいてい「一日●●分まで」などと、買った時にルールを
決めますが、きちんと守れている家庭は少ないようです。
なぜなら、親が子どもの自制心に期待をしてしまうからでしょう。
そこで、親がゲーム機を管理する方法はいかがでしょう?
「●時までやったら親に返却」「あと1ゲームで返却」などと決め、
守れなければ翌日は貸し出さないようにするなどの
ルールを決めるのです。
 
実はこの「ハマりやすい」というゲームの特質を逆手にとれば、
子どもの自制心を育てるチャンスにもなります。
際限なく好きなことばかりはやっていられないということを
自覚して、「ゲームもやる、でも他のこともきちんとやっている」
という切り替えができるようになれば、
子ども達にとっても自信となるでしょう。

子どものゲーム中毒を防ぐ

【2016/11/25 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ