FC2ブログ

はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ときめく片づけ、してますか?
毎日の寒さは相変わらずですが、少しずつ日も長くなり、
春がすぐそこにやってきているのを感じる季節に
なりました。
皆さまもお元気でお過ごしでしょうか?

今の季節、4月からの入学や人事異動を前に、
お引越しの準備を考えていらっしゃる方も多いのではと
思います。

お引越しがなくても、「部屋を片付けたい!」と思われて
いる方もたくさんいらっしゃるのでは。

そんな方にぜひ参考にしていただきたいのが、
近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』(サンマーク出版)
2010年に出版され、大変話題になった本なので、
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

近藤さんご本人もとても可愛らしい方で、片づけコンサルタント
としてテレビや雑誌などにもよく登場され、片づけ法を解説
なさっていますね。

その片づけ法を簡単に言うと、「触った時にときめく物を残し、
後は捨てる」。

この文章だけだと、物を大切にしていないように感じられて
しまいますが、実はその逆なのだということが、
本を読むとよくわかるのです。

従来の片づけ法では、増え続ける物を「部屋を散らかす敵」
のようにとらえてしまいがちですが、
近藤さんは「すべてのモノは、あなたの役に立ちたいと
思っています」と語っています。

だから、自分がその場所にいることで、
「今のあなた」を幸せにしていないなら、「外に出たい」と
思っているのだそう。

自分と出会ってくれたご縁に感謝し、新たな門出を祝福して
物を手放してあげることが、物と自分両方の幸せにつながる。
というのが近藤さんの考え方。

このマインド(考え方)の部分が、近藤さんの片づけ法には
とても大切なのです。

小学生の頃から神社が好きで、巫女としても働いていた
近藤さん。
「物の心」を尊重するという考え方は、日本的だとして
海外でも広く受け入れられています。

昨年には、米 『 TIME 』 誌の、「世界で最も影響力のある
100人」の芸術家部門に選出されています。

ときめく物を選び、自分にとって本当に大切な物を
大切にしていく、という近藤さん流の片づけは、
「人生を変える芸術」とも呼べるもの。

片づけとは、「過去に片をつける」こと。

「家の中を劇的に片づけると、その人の考え方や生き方、
そして人生までが劇的に変わってしまう」
そんな経験、してみたいと思いませんか?

ときめく片付け
【2016/02/26 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ