FC2ブログ

はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんごであそぼ
お盆を過ぎても、まだまだきびしい暑さが続き、
「クール」という言葉に自然に反応してしまう今日この頃です。
皆様もお元気でお過ごしですか?

「クール」という言葉は、「冷たい」という意味のほかに、
「かっこいい」という意味でも使われていますね。

近年よく聞かれる「クールジャパン」も、国際的に
「かっこいい」と評価される日本文化のこと。

昨年には、ユネスコの無形文化遺産に「和食」が
登録されたことも話題になりました。

わたし達日本人が、あたりまえだと思っている
様々な日常の文化の中には、外国の方から見て
とても魅力的なものが多いのです。

わたしがとても「クール」だと思う番組が、
NHKのEテレで放送されている、「にほんごであそぼ」。

能楽、文楽、歌舞伎などの舞台芸術をはじめ、
日本の文学、ことわざ、民謡などを、幼児向けの
エンターテイメントとして紹介してる番組です。

出演者も豪華で、狂言師の野村萬斎さん、
歌舞伎俳優の中村勘九郎さん、尺八演奏家の藤原道三さんや、
人形浄瑠璃文楽の皆さんなど。

10分間の番組の中に、日本語の豊かさ、面白さを伝える
短いコーナーがいくつも紹介されるのですが、
演出方法がとても斬新で、大人が見ても楽しめる
番組になっています。

幼児番組でありながら、理解しにくかったり、不思議なものが
たくさん登場する「にほんごであそぼ」には、
古来から日本人の感覚が息づいています。

自然という予測不可能なものと共に生き、たくさんの
「怖いこと」「不思議なこと」「わからないもの」と
向き合ってきた私達の先祖。

自然への畏怖は、八百万の神を敬うことに通じ、
そこから様々な文化が生まれました。

能や狂言、歌舞伎、文楽など、日本の伝統芸能や
民話、古典文学も、そういったいにしえの人々の感覚を
わたし達に伝えてくれるもの。

たとえ意味がわからなくても、小さいお子さんは素直に
反応し、吸収し、模倣して楽しみます。
野村萬斎さんの、「ややこしや~、ややこしや~」
も大人気でしたね。

日本人の中には、祖先が伝えてきたものを受け止める
感性があり、それが「クールジャパン」の基礎になって
いるのだと思うのです。

日本文化を楽しむことで、自分の中に自然と、
「日本」という型が生まれる。
言葉と型で、文化はつくられていきます。

クールジャパンの未来を作るのは、今を生きるわたし達の
身についた「日本」。
日本語や日本文化を楽しく再発見できる
「にほんごであそぼ」、おすすめです♪

にほんご
【2014/08/21 10:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ