FC2ブログ

はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

日々是好日
そろそろ桜の便りが届く季節となりました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

春になり、暖かさが増すごとに、彩りを取り戻していく
自然の世界。
小さな芽の誕生や、新しい花の開花のひとつひとつにも、
喜びがあふれているようです。

そんな自然の姿を見ていると、思い浮かぶ言葉があります。
「日々是好日」
読み方は、にちにちこれこうじつ、にちにちこれこうにち、
ひびこれよきひ、など何通りかあるようですが、
お茶席の掛軸などでよく目にする言葉です。

どういった意味か、ご存知ですか?

これは、今から千年以上前の唐の禅僧、雲門文堰(うんもん 
ぶんえん)の言葉。
17歳で出家し、後に禅門五家七宗の一つ、雲門宗の開祖となり、
多くの功績を残しています。

ある日、雲門が弟子と問答をしている時、こう問いました。
「今までの十五日間で、最も大切だと思うことを
 一言で言いなさい。」
弟子たちが答えられないでいると、雲門が代わりに答えました。
「日々是好日」

字の意味だけで言うと、「毎日が良い日である」
と受け取れる言葉ですが、実は、この言葉の意味は
他にあります。

それは、「毎日を最上で、かけがえのない一日と考え、
出来事や自然の移ろいを素直に受け止め、日々の恵みに
感謝する」ということ。

様々な出来事に心を左右されることなく、過ぎていく毎日を
「良き日」として生きていく。
そんな「心のありかた」が表されている言葉なのだそうです。

気がついたら咲いている、道端の小さな花。
春には新緑、秋には紅葉に色づく木々。
枯れても種を残し、その種がまた次の春に芽吹く。

ひとときも姿をとどめることのない自然。
日々の恵みを受け止め、一瞬一瞬を素直に生きている
その姿は、「日々是好日」のお手本のように思えます。

毎日を良き日としてとらえるのが難しいと感じる方は、
ぜひ、眠る前に「その日あった良かったこと」を3つ思い出して、
手帳に書いてみてください。
単純なこと、なんでもないことでも大丈夫。

ひと月経つ頃には、良かったことを探すのがとても楽になり、
自分の毎日には良いことがたくさんあるのだって、
気がつけるようになるはずです。

最も大切なのは、「日々是好日」と感じることのできる自分が、
確かにいま、生きているということ。

生きている、それだけでも充分、今日は良い日。
そんな風に感じる春の日です。

 日々好日

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

【2014/03/27 10:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ