FC2ブログ

はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

夢を生きるひと
暑さが和らぐのはもう少し先のようですね。

皆さまお元気ですか?

「夢を生きるひと」。
そう聞いたら、どんな方を思い浮かべますか?

発展途上国でボランティアに参加している人?
子どもの頃からなりたかった職業についた人?
会社を立ち上げてがんばっている人?

もちろん、そういった方たちも「夢を生きるひと」ですが、
実はどんな人もそう言えるのだと、最近思うように
なりました。
それは、こんな言葉を知ってからです。

あなたが空しく生きた、
“今日”は
昨日死んでいった者が
あれほど生きたいと願った、
“明日”

父と子の絆を描き、韓国で2000年に大ヒットした、
「カシコギ」という小説の中の言葉なのだそうです。

今、生きている。それだけで、わたし達はもう誰かの夢を
生きていて、宝物を手にしているのだと、気がつかせて
くれる言葉です。

宝物には、命のほか、もっと大きなものがあります。

それは自分自身。

自分の体、容貌、これまでの人生、今の環境、得意なこと、
好きなもの、考えていること、感じていること。。。
今の自身は、自分しか持っていない宝物。

困っていることや、自慢できることではないと思っていること
だって、実は自分にしかない宝物だったりします。

どんな人でも、他の誰かの目から見ると、「夢」のような、
憧れの人生を送っているのかもしれないと思うのです。

自分がもう明日行きたくないと思っている仕事場は、
他の誰かが、心の底から働きたいと思っている場所かも
しれません。

着るものがある、食べるものがある、家がある、仕事がある、
命がある、今がある。
それはきっとすべて、誰かにとっては夢のようなことだと
思うのです。

大切なのは、今の自分を丸ごと、宝物だと認める勇気。

自分は宝物でいっぱいで、夢のような人生を送っている。
そのことに気づくと、人生は輝きはじめます。

ひとつしかない、自分自身の貴重な人生。
ぜひ大切に、宝物として愛おしんでくださいね。

夢を生きるひと

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

【2013/08/29 10:01】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ