FC2ブログ

はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

奇跡は心がつくる
あっという間に、今年ももうすぐ最後の月がやってきます。
一年が過ぎるスピードが、年々早くなっているように思われ、
自分が今年いったい何をしただろう?と振り返るのも、
毎年この時期から

今年は良いことがたくさんあった年でしたか?
もしそうでなければ、来年は良いことがたくさん起きる年にして
いきたいですね

私が出会う方には、物事がうまくいっている方が、多いのですが、
そういった方には共通点があることに気づきます。物事がうまく
いく方は、大抵、たくさんの方から支持されています。
そういう方と一緒に時間を過ごすと、とても心地がよいのです。

それは、深く幅広い知識を持ち、色々なことをポジティブに
受け止め、相手のことを思って行動されているから。
そして、「この人を支えてあげたい」とこちらに自然に
感じさせる、素朴で温かな人柄を備えられているからなのです

いちばん大切なのは、何よりもご本人がまっすぐ、ひたむきに
努力なさっているということ。
そういった心は、自然に相手に伝わるものです。

そして、そういった方は決まって、「自分のいる場所」を
大切になさっています。

それは家族だったり、友人や知人だったり、職場や仕事
だったり、地域だったりする。そういったものをたいせつにする
心が基盤となって、たくさんの良いことが起こっているように
思えます。

「自分のいる場所を大切にする」ことは、
「自分自身を大切にする」
ということにもつながっているのだと思います。
他人に向ける心は、自分に向ける心なのだと思う

うまくいっている方とお話ししていると、皆さん、「奇跡的な
こと」や、「一見偶然に見えるラッキーなこと」に、日常的に
たくさん遭遇されていて、それを喜んだり、楽しまれていることに、
気づきます。

例えば、同じことが起こっても、普通なら気にもとめないかも
しれません。
うまくいっている方は、喜ぶことが上手。
この、喜ぶということが重要なのだと思います。

目の前に起こった現実は同じでも、「自分の努力」と「自分のいる
場所をたいせつにする」という心を通してすくいあげることで、
はじめて「奇跡的なこと」や「一見偶然に見えるラッキーなここと」
として喜べるのだと思うのです。

出会う現実は同じでも、受け止め方で、ささいな出来事にも、
奇跡に変わる。
奇跡が毎日起こっていることに気づき、喜ぶこと。
それこそが、人生を輝かせるポイントであり、さらなる良いことを
呼ぶ秘訣なのだと思います。

図1

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

【2011/11/10 14:25】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ