FC2ブログ

はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

家づくり相談室
家づくり相談室 文字 リサイズ

Q.
   涼しい家にするためにどんな工夫が必要でしょうか?

A.
いくつか方法がありますが、
その中のひとつにアルミを使った
遮熱シートの利用があります。
車の日除けや保冷用のバッグなどに
使われているので見かけることも多いかと思います。
このシートを屋根から壁にかけて
住宅をスッポリと覆うことで、
太陽からの赤外線を90%ほどカットできるといいます。
室内の冷気を逃がさない断熱材とは
対照的な働きをするものです。
ただし、やみくもに貼ればいいというわけではなく、
屋根や壁のどの部分にどう使うか、
通気の確保など細かな決め事が存在します。
正しい施工方法を徹底している業者を選ぶことが大切です。

【2019/07/19 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ビューティーサロン
メイク崩れにサヨナラ

本格的な夏を迎えると、たちまち気になるのが
「メイク崩れ」。メイクしたての肌をキープしたいのに、
時間が経つと皮脂でメイクがヨレてしまう……
なんて経験はありませんか?


脱メイク崩れ!夏メイクの基本ステップ

夏場は皮脂分泌が多くなるので、
どうしてもメイクが崩れやすくなっています。
どうすればメイク崩れを防ぐことができるのでしょうか?

夏のメイクで気をつけるべきポイントは
「スキンケアの油分を減らす」ということ。
朝から美容オイルやクリームを使用していませんか?
皮脂と油分が混ざり合うと、分解が起こり
メイク崩れの原因となります。
朝のスキンケアは化粧水・乳液程度で
とどめておきましょう。

他にも、夏場はメイクの段階で汗が噴き出そうに
なりますよね。そんなときは、首元や脇を
保冷剤か冷たいタオルで冷やします。
体温が下がり、汗も落ち着きますよ。

涼しげ美肌をキープするアイテム

メイク崩れを防ぐアイテムを使って、
さらに涼しげ美肌をキープしましょう。

①収れん作用のある化粧水を使う
収れん化粧水とは、キメを整えながら毛穴をキュッと
引きしめてくれる化粧水のこと。
朝のメイク時にこれを使うだけで、
余分な皮脂分泌を抑えてくれます。

②皮脂崩れ防止下地を使う
皮脂崩れを防止する下地を使うのも効果的。
皮脂を抑制する成分が入っているので、
テカリやヨレをしっかり防ぎます。

③ミストでメイクを固定
メイクの仕上げにひと吹きする「フィックスミスト」も、
今とても話題になっています。
メイク仕立てのお肌を固定してくれるので、
夏のメイク崩れもしっかり防ぎます。
 
ビューティーサロン メイク崩れに





【2019/07/16 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちょっと素敵なインテリア
オシャレな網戸

日中はクーラーを使っていても、
朝晩は自然の風が新鮮で気持ちいいですね。
最近の網戸はちょっとオシャレになっています。
どんな網戸があるのでしょうか。


■目隠しになる網戸
今までの網戸は、家の中から景色も見えて
すっきりしていますが、逆に言うと夜、
電気をつけると家の中が丸見えになってしまいます。
そんな悩みを解消してくれるのが、柄が入った網戸です。
レースカーテンのような柄や、全体が水玉模様などの
種類があります。
電気をつけても外から見えにくいので安心です。

■ 網戸をデコレーション
網戸に貼るだけで、目隠しになるシートがあります。
網戸と同じように風が通るので、違和感がありません。
模様も様々なので、お部屋の雰囲気に合った柄を
選びましょう。

※取り付け方
 ①網戸をきれいに拭きます。
 ②網戸の大きさに合わせてカッターナイフで
   シートをカットします。
 ③お部屋の内側から、四隅を専用の留め具で止めて、
シートを貼ります。
  
■ グリーンのカーテン柄も
プランターで育てたような錯覚に陥る、
グリーンのカーテン柄のシートがおすすめです。
家の中がグリーンに囲まれたようで、
気分も変わります。
この夏は網戸もオシャレにして、楽しんでみませんか?

ちょっと素敵なインテリア オシャレな網戸



【2019/07/12 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あなたらしく生きる100通りの方法
嫌だったこと 損したと思ったこと

すべて無駄ではないのです

しかし

ずいぶん後にならないと

その意味がわからないことが

多いのです


あなたらしく生きる 嫌だったこと

【2019/07/09 09:09】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
すてきなガーデンライフ
トラップ植物

トラップ植物は、おとり植物とも言います。
害虫や病原菌を根に集めて
病気が広まるのを防ぐ植物や、
天敵を集める性質のある植物などがあります。

■ トラップ植物と引き寄せる害虫
カモミールはアブラムシを、
ナスタチウムはナメクジやカタツムリを、
クローバーはアブラムシやヨトウムシを、
ゼラニウムやパセリはコガネムシを引き寄せます。
引き寄せられた植物に集まった害虫を食べてくれるのが、
カマキリやナナホシテントウムシ達です。
農薬で害虫を一気に退治すると益虫も死んでしまうので、
トラップ植物を上手に利用しておびき寄せ、
益虫に食べてもらうのが自然界の法則にのっとっています。

■ 昆虫と植物の関係性
昆虫は植物の葉や花、花の蜜を餌としているほか、
一休みする場所としても利用しています。
また、植物は、昆虫の交尾の場や産卵の場、
外敵を防ぐ場としても利用されます。
商品用の野菜栽培などにも天敵の昆虫を使い、
植物についた害虫を駆除する方法など
総合的に害虫を管理することも可能になってきました。

■ 自らの体内に病気を取り込むトラップ植物
キャベツやブロッコリー、白菜などの
アブラナ科野菜に発生する根こぶ病には、
エンバクの野生種や、葉ダイコンなどの
おとり植物を用いて防ぐ方法があります。
これらの植物体内では根こぶ病菌が
増殖することができず死滅してしまうのです。

マイガーデンでの花や野菜作りに、
トラップ植物を上手に利用してみましょう。

すてきなガーデンライフ トラップ植物

【2019/07/05 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ