はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたらしく生きる100通りの方法
等身大の自分を好きでいてくれる人を

大切にしましょう

背伸びした自分が好かれても

それは真実の愛ではありません

あなたらしく 等身大の
【2024/02/27 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家づくり相談室
Q.
  床暖房を検討しています。
 「電気式」と「温水式」の違いを教えてください。

A.
電気式は床下に電熱線ヒーターを組み込んだ
パネルを内蔵し、そのヒーターが発熱して
部屋を暖める仕組み。
温水式は、源機(給湯暖房機など)で温めた温水を
床下に敷いた温水パネルに循環させて部屋を暖めます。
温水式に比べると電気式は仕組みがシンプルで
工事も簡単です。基本的なメンテナンスも不要ですが、
電気容量の制限もあって複数の部屋で同時使用ができません。
その点、温水式は1台の熱源機で複数の部屋に設置でき
同時使用もできます。室内の表面温度を26〜30℃に保ち、
やわらかな暖かさを感じさせます。
また循環水を使用するので水道代はほとんど変わりません。

床暖房

【2024/02/23 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家づくりワンポイント
居心地の良いトイレ空間

トイレをプライベート空間と考え、
トイレタイムを大切にしている人は
意外と多いようです。
狭いながらもすっきりと落ち着いて過ごせるよう
収納に工夫を凝らしたり、
全体の色調をコーディネートしたりと、
狭い空間だからこそ
楽しいプランを考えたいものです。
たとえば壁の厚みを利用したオープン棚は、
奥行きが10センチ程あるので
予備のトイレットペーパーをすっきり収納できます。
また、小さな置物の飾り棚としても
目を楽しませてくれそうです。
トイレの照明は眩しすぎると落ち着かず、
寝る前なら目が冴えてしまうかもしれません。
ダウンライトにすれば必要に応じて明るさを調節でき、
見た目もスッキリするでしょう。

トイレ空間

【2024/02/16 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
すてきなガーデンライフ
寒い季節は室内で
   もやし栽培を楽しもう

寒さで外に出るのが億劫になりがちなこの時期。
室内でもやし栽培を楽しみませんか。
室内で栽培できるので、寒い時期にぴったりですよ。

■室内でのもやし栽培はメリットがいっぱい!
2月は寒さが増して、屋外作業が厳しい地域も
少なくありません。室内でのもやし栽培は、
寒い地域でも育てる楽しみが得られる、
大きなメリットがあります。
体力に自信がない高齢の方も、
ガーデニング気分が味わえますよ。
短期間で収穫の喜びが味わえるのも嬉しいですよね。

■おすすめの品種は?
室内のもやし栽培におすすめの品種は、
ブロッコリーやマスタード、赤ラディッシュなど、
失敗しづらく栄養価も高いものです。
一般の野菜種子は、薬品処理がされているため、
もやしとして食べるには不向きです。
もやしとして食べるためには、種子選びの際に、
滅菌処理されていない、「もやし用種子」と
記載があるものを選んでくださいね。

■室内でのもやし栽培の進め方
イチゴパックやタッパーなどのプラスチック容器に、
  水でよく湿らせたコットンやスポンジを敷き、
  種まきをします。

容器を濡れ布巾で覆って湿度を保ち、
    戸棚や段ボールの中などに入れておきます。
    1日1~2回、スプレーボトルで水やりをすると
    2~3日で発芽します。

③ 発芽後は、明るい室内やカーテン越しの窓辺に
    おけば、すぐに食べられる大きさに成長します。
    2~3日おきに種まきをすれば、
    毎日収穫の楽しみが味わえますよ!

もやし栽培




【2024/02/09 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちょっと素敵なインテリア
簡単ブーケを作ろう

デパートのチョコレート売り場が
とても華やかな季節ですね。
チョコレートを贈るのも素敵ですが、
いつもお世話になっている方やご家族に、
ブーケのプレゼントはいかがですか?

■ ブーケと花束って違うの?
ブーケは、フランス語で花束を意味します。
つまりブーケも花束も言葉の意味合いとしては同じです。
ただ、日本では形状によって使い分けられています。
日本でよく見かけるブーケは、
フランスではブーケ・ロン(丸い)といわれ、
コロンと丸いのに対し、花束は丈が長く、
縦長のシルエットが特徴です。
ブーケは丸いのでどこから見ても綺麗で、
丈も短いので気軽に花瓶に飾ることができます。

■お花を用意しよう
まず、バラやカーネーション、ガーベラなどを
4~5本用意します。今の季節はアネモネもおすすめ。
1本の茎で何本もとれるトルコキキョウもおすすめです。
クッションになる小花とグリーンに
ユーカリやアカシアを組み合わせましょう。

■下準備が大切
トルコキキョウは1本に1輪ついた枝ごとに切り分けます。
バラやカーネーション、アネモネは葉を全て取り除きます。
ユーカリやアカシアも1本ずつに切り分けて、
下から20cmくらい葉を取り除いて全て机の上に並べます。
下準備ができれば後は簡単です。

■簡単ブーケの作り方
左手の親指と人差し指で輪を作り、
その中にお花を均等に入れます。
根本を麻紐で縛り、茎を揃えて花瓶に。
お花があると気持ちが明るくなりますね。

カンタンブーケ



【2024/02/02 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ