FC2ブログ

はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

家づくり相談室
家づくり相談室 文字 リサイズ

Q.

 屋上を作るかどうかを思案中です。
メリット・デメリットを教えてください。

A.
屋上を庭がわりに使用するケースが増えています。
屋上ならではのプライベートな空間で、
プール遊びや家庭菜園、
バーベキューなどを楽しむのもよいでしょう。
遠くを眺めたり、虫の鳴き声を聞きながら
満天の星を眺めるなど、
至福のひとときかもしれません。
ただし、屋上を設置するということは、
通常の屋根の機能である防水性、断熱性、
通気性を失うことでもあります。
それらを補うための費用がかかることを
念頭におきましょう。
当然、維持にも費用もかかります。
本当に屋上が必要か、どういう目的で設けたいのか、
家族でよく検討する必要があるでしょう。
【2019/08/16 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ビューティーサロン
夏の朝に 柑橘類 は NG?

夏の紫外線対策に効果的とされるフルーツ。
しかし、朝に食べると
シミを招いてしまうフルーツがあるって
ご存知でしたか?

シミを招く?朝に食べるとNGなフルーツ

日差しが強いこの季節。お肌を守るためにも、
紫外線対策ができる食材を積極的に摂取したいですよね。
中でも人気なのは「フルーツ」です。
豊富なビタミンや抗酸化作用が日焼けを防ぐとして、
毎朝フルーツを食べている方も多いかもしれません。
しかし、実はフルーツの中には
「シミができやすい果物」があるのです。

たとえば、オレンジ、レモン、キウイ、パイナップル、
グレープフルーツなどの柑橘類は、共通して
「ソラレン(光毒性物質)」が含まれています。
「ソラレン」は体内に取り入れることで
2時間ほどで全身に回ります。
なので、朝に食べると日中の紫外線を吸収して
シミができやすくなってしまうのです。

ビューティーサロン 夏の朝に柑橘類はNG?


朝もOK!紫外線対策ができる食材とは

フルーツの中には、朝に食べることで
紫外線対策ができるモノもあります。

【 りんご 】

りんごに含まれるポリフェノールには、紫外線による
お肌の酸化を防ぐ効果があるのでオススメです。

【 ぶどう 】
ぶどうもりんご同様にポリフェノールが
たっぷり含まれています。

【 スイカ 】
スイカにはリコピンがいっぱい。
リコピンは抗酸化作用に優れているので、
紫外線からお肌を守って若々しさをキープします。

フルーツを食べるタイミングをしっかりコントロールして、
紫外線対策を万全にしましょう。

ビューティーサロン 夏の朝に柑橘類はNG?2





【2019/08/13 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちょっと素敵なインテリア
レトロな夏を楽しもう

暑い日は一日中クーラーの中。
そんな生活が当たり前になっている今、
ふと昔の古き良き時代の夏を
体験してみたくなりました。

■ 風鈴の音を楽しむ
縁側でチリンチリン、と鳴る風鈴の音が
涼しさを感じさせてくれます。
昔ながらの江戸風鈴は、吹きガラスに描かれた
花火や金魚の模様が情緒を誘います。
そして風鈴によく似合うのがうちわです。
お部屋に吊るして風鈴の音色と
うちわであおぐ緩やかな風を楽しみながら
ビールを1杯、と言うのも素敵な時間ですね。

■ アンティークな扇風機
夏=クーラーのイメージですが、
扇風機の風も実は柔らかで、
最近はクーラーと併用して使う方も増えています。
4枚羽の黒色の扇風機や、
薄いブルーグリーンの扇風機などは
昭和の香りが満載です。
背丈も小さいので、棚の上やソファーの横などに
気軽に置いて楽しめます。
実際に使ってみると、カタカタと羽根が回る様子も
レトロ感たっぷり。
ゆるやかな涼しい風が気持ちを和ませてくれます。
インテリアとして飾るだけでも素敵です。

■ 蚊取り線香を楽しむ
昔ながらの蚊取り線香を炊いて、
ゆっくり時を過ごすのもいいですね。
定番は豚の蚊遣りですが、
最近はオシャレな蚊遣りがたくさんあります。
蚊取り線香の中心に棒を通して、
縦に入れる陶器の蚊遣りはモダンです。
その他アイアンの蚊遣りはアジアンな雰囲気。
この夏はレトロな雰囲気を楽しんでみませんか?

ちょっと素敵なインテリア レトロな夏を楽しもう

【2019/08/09 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヤン・レツルと丹下健三 祈りの建築
毎年8月6日に行われている、広島平和記念式典。
式典を見つめるように建つ原爆ドームの姿が、
いつも胸に迫ります。
原子爆弾の被害を受け、
今は無残な姿となってしまっている原爆ドーム。
元々は、広島県の物産品を展示するため、
1915年(大正4年)に建てられた、
「広島県物産陳列館」という
とても豪華で大きな建物でした。
35歳の若き建築家
ヤン・レツル(レッチェル)によって設計された
最新の様式の建築は、
当時の広島の名所の一つだったのだそうです。

1880年(明治13年)に、
オーストリア・ハンガリー帝国(現在のチェコ)で
ホテル業を営む家に生まれたヤン・レツル。
当時最新の建築を学び、
首都プラハとエジプトのカイロで
それぞれ1年ほど設計の仕事に携わった後、
1907年(明治40年)に来日し、その後8年にわたり、
日本各地の様々な建築に携わっています。

レツルが手がけたものにはホテルや学校が多く、
中でも聖心女学院、雙葉高等女学校、
上智大学といったカトリック系の学校を
多く設計していますが、残念なことに、
地震や戦争などでほとんどが現存していません。
今、日本でレツルの建築を見ることができるのは、
原爆ドーム、聖心女子学院の正門、
カトリック東京カテドラル関口教会のルルドの洞窟の
3か所です。
カトリックの聖地ルルドは、
聖母マリアが出現し、そのお告げにより、
病気を治す奇跡の泉が湧いた洞窟がある場所。
祈りの場所として、その洞窟を模したものが
各地の教会にも作られるようになりました。
レツルが作ったルルドの洞窟は、
実際のルルドの洞窟を忠実に再現した原寸大のもので、
現在も多くの人々が訪れる祈りの場所となっています。

1964年(昭和39年)、そのルルドの洞窟と同じ敷地内に、
丹下健三によって設計された聖マリア大聖堂が
建てられました。
大聖堂の入口がルルドの洞窟の正面に置かれている
ことで、訪れた人が必ず目にする、
祈りのモニュメントの役割も担っています。

同じ丹下健三が設計し、
1954年(昭和29年)に完成した広島平和記念公園も、
正面に位置する原爆ドームを
平和と祈りのモニュメントと捉えたものとなっています。

日本を愛したレツルは、
1923年(大正12年)の関東大震災により、
帰国を余儀なくされ、
2年後に45歳の若さで病没しています。

レツルが遺した、
日本の人々のために精魂を傾けて作った建築と、
その建築を活かし、平和と祈りのモニュメントとした
丹下健三。

2人の作品は、今も訪れる人々に深い感動を与え、
祈りの場所として共に時を重ねています。


【2019/08/06 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
素敵なガーデンライフ
植物の暑さ対策と台風対策

日本の夏は、暑さがどんどん厳しくなっていますよね。
植物にも暑さ対策、台風対策が必要です。
対策を早めに立てて、大切な植物を守りましょう。

■ 暑さ対策
茂りすぎている枝は、剪定して
風通しをよくしておきましょう。
遮光ネットやよしずで直射日光を遮ったり、
鉢植えなどは西日が当たらない場所へ移動させます。

■ 夏の水やりについて
夏の水やりは、涼しい朝と夕方の2回行いましょう。
忙しかったり、蚊が多くて庭に出るのが憂鬱な人は、
ホームセンターなどでも購入できる
電気工事の必要がない、乾電池式の自動潅水装置を
設置しておくと便利です。

また、地植えの植物はバークチップなどでマルチング
〔※植えた植物の地表面(株元)をビニールなどで
覆うこと〕をすると、乾燥が防げます。

■ 台風対策
8月~9月頃は台風にも気をつけましょう。
台風情報をチェックし、影響がありそうなら
背の高い草花は支柱を立てて、紐でくくっておきましょう。
トレリスなどに掛けてある
ハンギングバスケットなどは降ろし、
庭に置いた背の高い植木鉢は、
台風のくる前に倒しておきましょう。

夏の水やりの負担を軽くする工夫をするとともに、
台風時には雨や風がひどくなってから
外に出るのは危険なので、
庭の安全対策を早めにしておきましょう。

素敵なガーデンライフ










【2019/08/02 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ