FC2ブログ

はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

子育てファイル
ママ友と上手にお付き合い

ママ友というと、悩みを相談しあったり、
気晴らしを一緒にしたり、
楽しくお付き合いできる一方、
こじれてしまうと大変な問題になるという
マイナスイメージもつきまとうもの。
お互い子育てという大変な時期ですから、
感情のぶつかり合いも
時には防げないのかもしれません。
子ども抜きで付き合える
真の友かどうかを見極めるには
多少の年月がかかるでしょう。
それまでは、お付き合いに
多少の気遣いをする必要がありそうです。
 
例えば、たとえ同意を求められても
ママ友の悪口を言わないのは鉄則です。
その場で共通の仲間意識が芽生えたとしても、
人間的信用は落ちてしまいます。

子育てファイル ママ友と上手にお付き合い1
 
また、人の価値観はさまざまです。
あえて意見を交わそうとせず、
違いを認めてそっとしておくのも一つの方法。
ママ友とは無理に分かり合おうと思わなくても
よしとしましょう。
 
グループ内で企画が持ち上がったら
まずは参加してみるのもよいことです。
仲良くなりたいという人達の気持ちがあって
立ち上がる企画ですから、新しい発見もあり、
楽しい時間になることが多いものです。
 
役員に選ばれてしまったら、
覚悟を決めて粛々とやりましょう。
ただし、やれることには限界があるので、
無理難題は引き受けないようにしましょう。
 
いずれにせよ自分が心地良いと感じるペースで
よいはずです。無理をせず様子をみながら
ゆっくりお付き合いを深めていきましょう。

子育てファイル ママ友と上手にお付き合い2
【2019/06/17 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちょっと素敵なインテリア
家具の配置換え

ジメジメする季節はお部屋の中に湿気がこもります。
まんべんなく風が通るように、家具を動かしてみましょう。

■ 定位置を見直そう

ソファーはここ。飾り棚はこの位置、
とずっと決まっていて何十年と動かした事がない、
という方も多いのではないでしょうか?
しかしそれは見方を変えると、
家具の下や後ろの壁には長年のほこりが
溜まっていると言う事です。
たまには家具を動かして、壁なども
お掃除してみましょう。家具の配置を変えると
お部屋の雰囲気も変わって新鮮ですよ。

■ バラバラに置かない

家具を置く時に、あちこちに置くと、
まとまりのないお部屋になります。
背の低い家具はできるだけまとめて
置くようにしましょう。
背の高い家具は、壁際に置くと
圧迫感がありません。
家具の占有率はお部屋の1/3以内に
まとめましょう。

■ 視線の先を考える

ソファーに座った時、視線の先に
庭やグリーンの鉢物が見えるように置くと、
落ち着きます。ダイニングテーブルは、
座った時にキッチンのシンクが見えないように
置く方向を考えましょう。

■ 風の通り道を作る

壁際に置く時は、
家具と壁の間を少し開けて置くと、
風の通り道ができて、湿気がこもりません。
畳や絨毯のへこみなども
時々家具を動かす事によって、
気になりません。
お天気のいい日に動かしてみて下さい。

ちょっと素敵なインテリア 家具の配置換え


【2019/06/14 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あなたらしく生きる100通りの方法
好きな物リストを作る

読みたい本リストを作る

行きたい場所リストを作る

ちょっと気分を換えたい時の

良い方法です


あなたらしく生きる100通りの方法 好きなものリストを
【2019/06/10 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
素敵なガーデンライフ
梅雨の草花の病気対策

長く続く梅雨。きちんと対策をたてないと、
梅雨の時期にも病害虫が発生します。
今回は草花の病気と対策をご紹介します。

■ 梅雨時のお手入れ

花の咲いた後の
花がら摘みをマメにしておかないと、
高温多湿の梅雨に入ってから
病害虫が発生しやすくなります。
また、雨が続くと枝葉についた
泥ハネが病気の原因になることもあるので、
密集した部分は間引いて
風通しを良くしておきましょう。

■ 梅雨時は草花のこんな症状にご注意

・葉の表面が白い粉をふいたような状態になるのは、
 うどんこ病の可能性があります。
・灰色のカビが生えてくるのは、ボトリチス病です。
・葉や茎に、茶色や黒色の斑点ができるのは黒斑病です。
・茎や葉や花に黒色や褐色の小さい斑点ができ、
 次第に拡大してやがて穴があき、
 実ものの場合は落ちてしまいます。
 この症状は、炭素病の可能性があります。
・茎に白い菌糸が網状に広がり、植物は立ち枯れ
 状態になるのが白絹病です。

以上のような病気に効果があるのは、
ダコニールやベンレートなどの殺菌剤です。

鉢植えの場合は、この時期いつも通りに
水やりしていると根腐れを起こすことがあります。
長雨が続くときは軒先に移動させるなどして、
鉢内が水浸しにならないようにしましょう。

素敵なガーデンライフ 梅雨の草花の病気対策



【2019/06/07 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
子どもの力を伸ばすには
ここ数年、将棋の世界で最年少記録を
次々と塗り替えている藤井聡太7段。
彼が受けていたことでも注目を集めた
「モンテッソーリ教育」をご存知ですか?

モンテッソーリ教育とは、
医師であり教育者でもあったマリア・モンテッソーリが
1907年にローマで始めた教育方法です。
欧米を中心にして世界中に広がり、
現在までに140以上の国に広がっています。

モンテッソーリ教育の目的は、自立していて、有能で、
責任感と他人への思いやりがあり、
生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てることです。
大事なのは「子供が主役」だということ。
全ての子供は生まれながらに
「自己教育力(自分を伸ばす力)」を持っていて、
大人はそれを見極め、十分な環境を整えて、
自由に行動できるように援助するというのが、
基本的な考え方なのです。

モンテッソーリは、子供が成長する過程で
何かに対して強いこだわりを持つことに注目し、
これを「敏感期」と呼びました。

子供が行う色々な「いたずら」も、敏感期の表れです。
例えば、箱からティッシュを何枚も出して
あたり一面にばらまいてみたり、
洗面所や台所の扉を開けて中の物を全て出したり。

それらは全て、
指でつまんだり引いたり押したりというような、
自分の手や指を思い通りに動かすための練習で、
「運動」の敏感期の表れなのです。
その他にも、「感覚」「秩序」「文字」「数」「文化」
といった敏感期が、子供の発達や成長に応じて表れます。

敏感期は、単なるわがままとか「イヤイヤ期」と
とらわれてしまいがちです。
でも、子供が本来持っているものであり、
幸せな大人になるために子供が自ら成長しようとする
姿の表れなのです。
大人はそれを叱ったりやめさせたりするのではなく、
見守り、子供が安全で問題のない方法で
自由に実践できるようにする、
それがモンテッソーリの考え方です。

モンテッソーリ教育は家でも実践できます。
お子様をよく観察して、今何に興味を持っているのか、
何をしたがっているのかを、よく見極めてあげましょう。
そして、それができる環境を作ってあげたり、
やりやすいような道具を用意してあげるのも
いいでしょう。
できないことは、一つ一つの動作をゆっくりとやって
見せてあげましょう。
大切なのは、見守りながら待ってあげること、
そして親子で一緒に楽しむことです。

子供が自分を伸ばす力を十分に発揮できるよう、
大人が見守りサポートする、
それが当たり前にできる社会を作っていけたら
いいですね。

子どもの力を伸ばすにはjpeg リサイズ
【2019/06/03 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ