はじめまして

ふじさんぽ

Author:ふじさんぽ
㈱富士建設社員の
自由きままな
ひとり言を
お伝えしていきます

最新さんぽ

最新トラックバック

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索できるかな?

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

家づくりワンポイント
風通しの良い家を作りたい

自然の風を感じられる家は気持ちの良いものですが、
窓を大きくしたからといって
風通しの良い家ができるというわけではないようです。
窓から風が入るためには3つの条件が必要です。
 
一つ目は窓が2面以上あること。
これには窓の配置が重要で、窓と窓を一直線に
対面させることがポイントです。
ただし、窓の大きさが同じである必要はありません。
 
二つ目は、必要な時は常に開けておけること。
在宅中に限りますが、これにはガラスルーパー窓や
上げ下げ窓、内倒し窓が適しています。
さらに面格子などをつけると防犯性が上がります。
 
三つ目は主風方向を確認し、風向きを考慮すること。
主風方向とは、天候に関わらず常に一定の方向から
吹く風の方向です。
これを上手くつかむことで、窓の配置が計算でき、
小さな窓でも効果的な通風が得られます。
設計者とよく相談・検討しましょう。

風通しの良い家を作りたい
【2017/10/20 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あなたらしく生きる100通りの方法
子どもの頃

あなたが憧れたヒーローはどんな人?

正義の味方?

ウソをつかない人?

面白い人?

おや?

そのヒーロー

今のあなたにそっくりですよ!


あなたらしく生きる 子供の頃、、、
【2017/10/17 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちょっと素敵なインテリア
写真でウォールデコレーション

映画によく出て来る
外国映画のワンシーンのように、
壁にいくつかフォトフレームを飾ってみましょう。
飾り方やフォトフレームにこだわると、
とてもオシャレな空間になります。

■ 飾った雰囲気をイメージする
リビングのソファの上の壁面や、
お部屋の棚の上など、飾る場所を決めて、
どのくらいの面積でフォトフレームをいくつ飾るかなど、
最初にイメージしてみましょう。
飾りたい場所を写真に撮って、
ペンでフレームを書き込んでみると、
イメージが沸きやすくなります。

■ 目線の位置に飾る
写真を飾る高さは、目線の位置に飾りましょう。
だいたい1.2m~1.5mくらいが落ち着きます。
横一列に複数並べる場合は、
センターラインを合わせましょう。
縦や横、フレームの大きさがバラバラでも
センターラインが揃っていればスッキリ見えます。

■ メインを大きく
縦横、複数飾る場合は、
メインになる写真は大きなフレームで飾りましょう。
メインに大きなフレームを縦使いに2枚並べて、
両脇に行くに従ってフレームを小さくして行くと、
ひし形のような形になり、オシャレな壁になります。
ソファの上の空間などにおすすめです。

■ フレームを統一する
同じ色か、茶色やグレーの濃淡、
薄いピンクやクリーム色のパステルカラーなど
お部屋の雰囲気に合わせて統一させるとスッキリ。

写真でウォールデコレーション
【2017/10/13 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
子育てQ&A
子どもに知っておいてほしい

〝 お膳立て 〟

Q.
食事のマナーをしっかり身につけさせたいのですが、
子どもにどこからどう教えたらよいでしょう。
アドバイスをお願いします。

A.
まずは食のマナーの基本中の基本である
〝お膳立て〟を、親子で改めて
見直してみてはいかがでしょう?
 
まずはお箸。
右利きの人はお箸の先端を左にしておきます。
左利きの人はその逆でよいでしょう。
 
お茶椀はどこに置きますか?
通常日本料理では、お茶椀は左、お椀は右に
置くのがルールとなっています。
これは、お箸を右に持ち、お茶椀を左で持つという
ところから生まれた置き方のようです。
 
尾頭付きの魚は「頭を左側に、腹を手前に」と覚え、
切り身の場合は皮を奥にします。
 
お椀の一カ所に注ぎ口のついている方口は、
注ぎ口を左向きにして置きましょう。
葉型は葉の先端部分、魚型のお皿は頭のほうを
左に並べます。絵柄が描いてあるお皿は、
絵柄が正面を向くように置きましょう。
 
実はおやつにもルールがあります。
お茶は右、お菓子は左に置きます。
これは右手でお茶椀をとって左の手のひらに
お茶椀を乗せるという、お茶の飲みやすさを
考えた結果の配置と言えるでしょう。
 
各自好みの箸置きを使うようにしてみたり、
季節感のある箸置きをそろえてみると、
お膳立ての手伝いが楽しくなるかもしれません。
毎日やってもらえば、知らず知らずのうちに
身につくことでしょう。

子育てQ&A お膳立て

【2017/10/10 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ステキなガーデンライフ
秋に香る花木・金木犀(キンモクセイ)

秋から冬にかけて香る花木が
庭にあると心が癒されますが、
その代表的な花木が金木犀や銀木犀です。
コンテナ植えでコンパクトに仕上げて
楽しむこともできるので、
育ててみてはいかがでしょうか。


■秋を感じるキンモクセイ
中国が原産のキンモクセイは、
樹高が6mほどにもなる常緑樹です。
キンモクセイの甘い香りが漂うと
秋の深まりを感じますが、
古くから庭木として親しまれてきました。
キンモクセイの仲間には、
クリーム色の花をつけるギンモクセイや
葉がギザギザのヒイラギモクセイなどがありますが、
最も香りが強いのがキンモクセイです。

■コンテナで育てる
キンモクセイは和風の庭ばかりでなく、
コンテナに植えると洋風の庭にも合います。
植え付けは4月~5月に、
水はけのよい保水力にとんだ肥えた土に植えます。
放任すると長い枝がたくさん伸びて
花つきがよくなりますが、コンテナ仕立てにする場合は、
花の咲いた後か新しい枝が伸び始める
3月上旬から中旬までに、枝を剪定して仕立てましょう。

コンテナ植えにすると、花の時期には
玄関先やリビングなどの近くに移動させて、
香りを楽しむことができます。

■香りを楽しむ
キンモクセイの香りには、
イライラやストレスを和らげて
精神を安定させる効果があります。
乾燥した花を使って簡単に
香水やアロマオイル、ポプリを作ることが
出来るので、一度試してみて下さい。

金木犀





【2017/10/06 09:00】 | 今日のさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ